オフィス街でOL女子といちゃいちゃ|セクキャバあひる横丁へ

神田

神田と言えばオフィス街である。
オフィスで働く男性であれば一度は職場で見かけるOL姿の女子にセクハラする妄想をした経験はあるのではないだろうか。
筆者は一度や二度どころではない。

しかし、そんな妄想は実際にセクハラすれば一発で首になって人生終了である。
しかし、男の欲望と言うものはそう簡単に静められるものではない
男たちは常にOL女子にセクハラしたい欲望を抱えて生きているのである。
そんな、OL女子にセクハラしたいという男の欲望の答えてくれるお店がオフィスが集まる街、神田にあるという。

それが、セクキャバあひる横丁である。

セクハラしても大丈夫なオフィスはここ!

セクキャバあひる横丁は神田駅の目の前だ。
神田駅西口を出たら目の前の通りを直進し、吉そばや立ち食い寿司屋のある通りへ右折しよう。

その通りにあひる横丁のあるグリーンビルがあるぞ。
さて、あひる横丁はOL姿の女の子がサービスしてくれるセクキャバである。
神田と言うオフィス街でOL姿の女の子にお触り出来るという、日々ストレスをためているサラリーマンにとってはストレスを開放してくれる最高の場所になるに違いない。
また有力筋からの情報によると、あひる横丁は夜のお店未経験の子を集めているらしい。

OL姿の女子であれば、百戦錬磨の子より、あまり慣れていないこの方がリアリティがあるというものであろう。
これは、日々の欲望を消化するにはもってこいのお店であるな等と考えながら歩いていると、グリーンビルへ到着。
早速あひる横丁のある3階へ上がる。

セクキャバあひる横丁はオープンスタイル!

セクキャバあひる横丁の料金設定は、40分1セットで19:00~21:00が5,000円、21:00~ラストが7,000円となっている。
オフィス街から近いので、気になる人は仕事終わりに直行すればお得に楽しめるであろうな。
さて、3階に到着し店内の様子を見ると、セクキャバと言うよりいちゃキャバに近いオープンスタイルの店内となっている。
黒いソファーがコの字型に設置され、テーブルが中央に設置されている。

周りが見えてしまうだろうが、かわいい子をリサーチするのにはよさそうである。
受付を済ませると、消毒を済ませて席にて女の子を待つことに。

1人目:モデル系Kちゃん

早速リサーチ開始ということで店内をきょろきょろしながら、ビールを飲んでいると一人目のKちゃんが登場。

中々の美人さんで、若い時の益若つばさに似た感じのモデルっぽい顔の女の子だ。
肝心のおっぱいはBカップからCカップと言ったところだろうか。
まずまずといったところであるが、顔が美人さんなので問題ない
早速仕事の話や休日に何をしているかといった無難な世間話から始めてみる。

休みの日は特にすることもないので一日ごろごろしているらしい。
「せっかく美人さんなんだから外でないともったいないよ。」と言うと、「え~じゃあどこか連れて行ってくださいよ。」とKちゃん。

こんな美人と出歩けるのは嬉しいが、社交辞令と捉えておこう。
「彼氏に怒られそうだからやめとくよ。」、「え~そんな人いませんもん。」と他愛のない話をしつつ、そろそろ本番のお触りタイムへ移行する。

「ねえ、おっぱい触っていい?」と聞くと「いいですよ。」とあっさりオーケー。
早速Yシャツのボタンを外していき、ご対面。

うむ、大きさはそれほどでもないが上を向いた形の良い美乳である。
じーっと見入っていると、「ふふふ」と笑うKちゃん。
どうしたのか尋ねると「あんまりじっと見ているから。」とおかしそうに笑っている。

「あんまりきれいだったからつい」と筆者。
「恥ずかしいですよ。」とちょっと顔を赤くして視線をそらすKちゃん。
おっぱいに手を伸ばしつつ、「キスしてもいい?」と聞いて、Kちゃんの顔に筆者の顔を重ねていく。
唇と唇が触れるだけのキスを何度かしつつ、Kちゃんの乳首を触っていると、今度はKちゃんから筆者の唇へ自分の唇を重ねてくる。
唇が重なったかと思うと舌を入れ、積極的に舌をからめてくるKちゃん
筆者の手がKちゃんの乳首をつまむたびに筆者の口の中でKちゃんの舌がぴくっと動く。

美人とのキスは、征服欲が満たされて何とも言えないものである。
特にこんな美人がもし職場にいれば、間違いなくマドンナである。
そんな子とキスしながらおっぱいを触れるというのは至高の時間である。
などと、幸せに浸っていると、Kちゃんが顔を離したかと思うと、「今度は私の番ですよ。」と今度は筆者のTシャツをまくり上げて、乳首へ攻撃を始める。
あまり慣れた感じではないが、一生懸命舐めているのが伝わってくるサービスで、シチュエーションを楽しむには十分であった。
その後もキスしたり、おっぱいを触ったりといちゃいちゃタイムを十分に楽しんだところで、交代のお時間が。
会話の相性も良く、サービスも良かったので、延長すべきか悩んだが、次の子も見てみたいので、お別れすることに。

「ありがとうございました~」とぺこりとお辞儀して去っていくKちゃんを見て、正直かなり惜しいことをした気もするが、また会いに来ればよいだろう。
ビールのお代わりを注文して次の子を待つ。

2人目:巨乳OLのAちゃん

お代わりのビールを飲んでいると、「こんばんは~真っ赤ですよ~結構飲みました?」と声をかけてくる子が。
グラスから顔を上げてみると、ご立派なお胸が目に入る。
顔は平均点と言ったところで、そこが逆にOLさんにいそうな雰囲気でかえってスケベ心をくすぐる。
「大丈夫だよ~よろしくね。」と言って平常心を装うが頭の中はこの巨乳を楽しむことでいっぱいである。
直球でいきなり「おっぱい触ってもいい?」と尋ねると、「大丈夫ですよ~どうぞ。」と胸を突きだしてくれる。

ただでさえ大きいのに突き出されるとさらに大きさが際立つ
早速、Yシャツのボタンを外してご対面。
先ほどのKちゃんのような控え目なおっぱいもそれはそれで良いものではあるが、やはり大きいおっぱいは至高である。
さっそく顔を埋めてみると、ぴくっと体が動く。

これはと思い、手で軽く揉み揉みしてみると、「んっ…」と声を漏らし始めるAちゃん。
どうやら敏感な子らしい。
期待に胸を膨らませて、乳首へと攻撃を移すと、「あんっ、ダメっ」と大きめの声が。
期待以上である。

おっぱいが弱い子なのかもしれないがこのくらい反応があるとこちらとしては責め甲斐があるというものである。
喘ぎまくるAちゃんの声を楽しみながら、乳首を筆者の口へ持って行く。
声が大きくなっているのを感じたのか、今度は我慢しているAちゃん。
乳首を吸っていると一生懸命声を殺している

声を出させたくなり、思わず乳首を責める舌の動きも激しくなる。
そうこうしていると時間経っていたようで、お別れのお時間に。
最後まで我慢しきったAちゃんと「またね。」と言ってお別れして、本日はこれにて終了。

セクキャバあひる横丁の総合評価は?

セクキャバあひる横丁、キャストのビジュアル面でのレベルはまちまちで及第点と言ったところであるが、素人を積極的に採用しているというのは本当の様であった。
今回接客してくれた二人とも、良い意味で夜のお店慣れしておらず、どうして最初からセクキャバで働こうと思ったのか不思議な感じすら受ける子であった。
セクキャバあひる横丁、オフィス街でOL姿の女の子に合法的にセクハラしたい夜には是非寄りたいお店である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました