体操服の女の子といちゃいちゃ|いちゃキャバ体育倉庫へ

秋葉原

体操服の女の子と聞いて、特別な感情を抱くのは実は筆者くらいのおじさん世代ではないだろうか。
最近の体操服はすっかりジャージと変わりがなく、女子も男子も同じ格好になってしまったが、筆者の世代では女子と男子では決定的に服装が異なっていた
それは、ブルマである。

ブルマ姿の女子と言うのは何とも言えない魅力を持っているもので、実際に多数の創作物においてブルマ姿の女子は魅力的に描かれている。
他方で、現実にはブルマを履いた女子とはいちゃいちゃするどころか、そもそも存在しないのである。
しかし、男としては一度はブルマ女子といちゃいちゃしてみたいものである。
そんな男たちの願いをかなえるお店がオタクの聖地秋葉原にあるという。

それが、いちゃキャバ体育倉庫である。

ブルマ女子とはどこでいちゃいちゃできる?

いちゃキャバ体育倉庫は秋葉原駅電気街口から徒歩5分と徒歩圏内だ。
秋葉原駅電気街口を出たら、タクシー乗り場を通り抜け、秋葉原駅を背にして右折しよう。

そのまま信号まで来たら、信号を渡らないで左折し、神田明神通りまで出よう。
すると左手に大黒屋のある交差点に出るので、右折し通りを直進しよう。
右手にタイトーステーションと言うゲームセンターや、AKB劇場がある通りだ。
そのまま通りを直進していくとトレーダーと言う黄色い看板のお店が見えてくるので、その隣ハイボールが体育倉庫のある第26アズマハイボールがあるぞ。

さて、体育倉庫は名前から想像がつく通り体操服姿のコスプレをした女の子が接客してくれるいちゃキャバだ。
筆者も色んなセクキャバやいちゃキャバへ行ってきたが、体操服姿と言うのは初めての経験である。
特にブルマ姿の子と言うのは、ほぼパンツの状態と変わらないだろう。
そんな子と密着するというのは果たしてどんな気分なのかなどと考えていると、第26アズマハイボールへ到着。

早速体育倉庫のある4階へ上がる。

体育倉庫の中はアニソンであふれているぞ

いちゃキャバ体育倉庫の料金設定は、1セットが40分でオープン~15:00までが5,000円、15:00~18:00までが5,800円、18:00~20:00までが6,300円、20:00~23:20まで7,500円となっている。
延長は20分3,900円、40分が7,000円となっている。

早い時間が比較的安くなっているので、初見で行くなら早い時間にするのが無難かもしれないな。
さて、4階に到着すると、入口と待合室専用の扉があるため、まずは入口から入って受付をする。
そこで、システムについて説明を受けたが、ダウンタイムならぬ体育の時間と言うものがあり、その時間はお触りオッケーだがその時間以外はダメとのこと。
受付を済ませ、待合室で少し待ってから、店内へ入ると、アニソンが大音量で流れており、ブースごとに仕切りが設けられている。

それぞれのブースには体育で使うマットが敷かれており、背もたれに跳び箱が描かれている。
結構凝ったつくりであるな。
案内された場所で、ハイボールを注文し女の子を待つことに。

1人目:ムチムチ巨乳娘Rちゃん

ぼんやりとハイボールを飲んでいると「お邪魔しまーす。」と声が。
顔を上げると、胸のところがパンパンになっている体操服姿の女の子が。
顔は垂目でおっとりした性格を連想させる。

「初めまして~。よろしくね。」と、1人目からの巨乳ちゃんの登場にテンションの上がる筆者。
さて、問題は体育の時間まで何を話して過ごすかである。

土地柄、アニメやサブカルチャーの話はいけるのでないかという事で、店内でかかっているアニソンについて話を振ってみると、「あー私これ好きなんです。」と早速盛り上がってくれる。
やはり土地柄アニメの話は鉄板のようである。
筆者も比較的アニメは好きな方なので、のんびりとハイボールを楽しみながらアニメの話をする。

しばらくアニメトークで盛り上がっていると、唐突に「体育の時間!」と照明が暗くなる。
すると、Rちゃんが、「上に乗りますね~」と筆者の上へ。
「これ、直接触ってもいいの?」と聞くと、「大丈夫ですよ~」とおっぱいを差し出してくれる。

パンパンになっている体操服をまくり上げると、大ボリュームのおっぱいが目の前に。
これはFカップくらいは余裕でありそうである。
大音量で流れるBGMの中で、ブルマ―と生足の感触を楽しみつつ、まずは巨乳へ顔を埋めてみる。
顔を埋めるとRちゃんが筆者の首へ手をまわしてくれる。

まるで、おっぱいに窒息させられている様である。
こんな海なら溺れ死んでも全く後悔はないという男はいくらでもいるだろう。
少し楽しむと、手を緩めてくれたので目の前にあった乳首を口へふくんで、舌で転がしてみる。
ぴくっと体が動いた気はするが、BGMが大きいため声は特に聞こえない

そのまま、乳首を楽しませてもらっていると、体育の時間終了
一般的なダウンタイムと比べて少し短めな気がしたが、まあ十分楽しませてもらったので良しとしよう。
体育の時間が終了すると、再び何事もなかったかのようにアニメの話へ。
ダウンタイムが短いため、こちらもスイッチが切り替わりやすく、雰囲気を引きずらないから、普通の時間でもお触りしたいといったことにはなりずらいのであろうな。

などと考えながらトークを楽しんでいると、内線が鳴り、交代のお時間を告げる。
「どうしますか?」とRちゃんがこちらの顔を覗き込んでくる。
正直トークしていてそれなりに楽しく、この巨乳をもう少し味わいたい気もしたが、せっかく初めて来たお店である。

もう少しほかの子も見てみたいという気持ちもあったため、「また次来たときはよろしくね。」とやんわりと断り次の子へ行くことに。
残念そうな顔をしながら、「はーい。じゃあ、また来てね。」と去っていく。
正直悪いことをした気分になったが、気になればまた来て指名すればよいのである。
ハイボールのお代わりを注文して次の子を待つ。

2人目:妹系ロリっこのNちゃん

お代わりのハイボールを飲んでいると、今度は小柄な子が近づいてくる。
黒いストレートの髪をツインテールに結んだ、アイドル風な風貌の子である。
AKBのようなアイドルグループにいそうな子だなーと考えていると、「初めまして~。」と明るく声をかけて来たかと思うと、早速足をこちらに絡めて密着してくる。

見た目に反して積極的な子であるな。
こちらの体をなぞりながら、「今日はどこ行ってきたんですか?」
「いいな~私も飲みに行きたい。」とひたすら質問攻めにしてくる。

リアクションが大きく、アイドル的な風貌も相まって本当にテレビの中で見るアイドルの様である。
そうこうしていると、「私も一緒に飲んでもいいですか?」とドリンクのおねだりが。
断って機嫌を損ねるのも得策ではないだろう。

「良いよ~」とオッケーすると、どうやらサイズがあるらしく、Sサイズ~Lサイズまで用意されておりサイズが大きくなるにつれて値段が高くなる。
「好きなのをどうぞ。」というと、「じゃあ、L頼んでもいいですか?」と遠慮なく大きいのを頼むNちゃん。

ちゃっかり高いのをおねだりしてくる辺り妹っぽい感じがするな。
筆者に妹はいないので真偽のほどは明らかではないが。
「大丈夫だよ。」と告げ、その後ドリンクが到着。

トークを再開するとさらにこちらへ体を密着させてくる。
スレンダーな体型でおっぱいはないため、その点は残念ではあるがすらっと伸びた太ももの感触がズボン越しでも気持ちがいい。
話していると、小柄なせいもあるのだろうが、下からこちらの顔を上目使いに覗き込んでくる。
あざといともいえるが、アイドル顔でこれをやられると、好きな人にはたまらないであろう。

アイドル顔がさほど好みでもない筆者でも思わずかわいいなと思ってしまった。
そうこうしていると、再び体育の時間が。
「じゃあ、上乗るねー。」とNちゃん。

おっぱいがない分筆者の首に腕を回し密着してくれると、さっきのRちゃんよりさらに密着している感触がする。
ブルマの股間の部分を筆者の股間に合わせてすりすりしてくる。
どこまでも人が喜ぶことをしてくれる子である
ふと見ると、Nちゃんがこちらを見ている。

「キスしますか?」と聞いてくるので、頷くと早速顔を近づけてくる。
こんな美少女とキスできるなんて、やはりいちゃキャバは最高であるな等と考え、唇を合わせる。
さすがにこれ以上のサービスは無いであろうなと考えていると、軽く舌を入れてくるNちゃん。

そのまま受け入れていると、数回筆者の舌をちろちろっと舐めて終了。
その後は顔を離し、また筆者の首に腕を巻きつけて密着してくる。
そのままNちゃんの股間の感触を楽しみ、体育の時間終了
何事もなかったかのように、再び隣で楽しそうにドリンクを飲んでいるNちゃん。

高校生の恋人同士で、人目に隠れていちゃいちゃしたりキスしたりするとこんな感じなのかもしれないな等と、敵わなかった青春時代に思いをはせていると、お時間を告げる内線が。
「どうしますか~?」と聞かれるも、今日は十分満喫できたため、本日はこれにて終了。
「また来てね~」と手を振るNちゃんに筆者も軽く手を振り今日はこれでお別れ。

いちゃキャバ体育倉庫の総合評価は?

いちゃキャバ体育倉庫、体操服の女の子といちゃいちゃするというあまりないジャンルのお店のため比較は難しいが、いちゃキャバとしても十分なレベルのお店であった。
体育の時間中は直接のお触りも可能であるし、脱がせることもできたのでこの点は評価ポイントであろう。
難点があるとしたら、体育の時間が短めに設定されているのと、通常時はお触り出来ないため、お触りだけを目的に行くと、物足りなさを感じることになるだろう

いちゃキャバ体育倉庫、コンセプトに忠実に作られた店内で、体操服姿の女の子といちゃいちゃしたい諸氏諸兄には是非お勧めのお店である。
普通のいちゃキャバやセクキャバに食傷気味な時には気分を変えて行ってみるとより楽しめるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました