船堀唯一のセクキャバを求めて|セクキャバRANCHUへ

西葛西・船堀

船堀と聞いて読者の諸氏諸兄はどのような印象を抱くだろうか。
多くの方が住宅街であり、セクキャバやおっぱぶのような夜のお店があるというイメージは無いのではないだろうか。
しかし、そんな船堀にもエリア唯一のセクキャバとして人気を集めるお店があるという。

しかもその店は、エリアに唯一のお店でありながらキャストのクオリティとイベントの内容で人気を博すなどサービス内容についても高いレベルを誇っているという。
それが、セクキャバRANCHUである。

セクキャバRANCHUは船堀駅からすぐそこだ!

セクキャバRANCHUは船堀駅から徒歩2分とすぐそこだ。

船堀駅北口を出たら目の前にある船堀街道のセガときらぼし銀行の間にある交差点をフナボリゴルフと言うゴルフ場方面に進もう。
約300mほど進んだところで左手にRANCHUのある夢ビルが左手に見せるぞ。
さて、RANCHUは船堀エリア唯一のセクキャバであるが、イベントを積極的に行うなど、エリア唯一の地位に甘んじることなく努力するお店であるという。
また、立地がいわゆる夜のお店が集中する場所でないことから、キャストも夜のお店によくいるタイプよりは素人っぽい子が多いとの情報も得られた。

筆者のようにセクキャバやおっぱぶに入り浸っている身としては、そのような子のおっぱいにありつける可能性があるというだけでも、船堀まで来た甲斐があるというものである。
思わず走りたくなる程テンションは高まるが、夜の住宅地を走る中年男性など職務質問されかねないくらいに怪しいものである。
はやる気持ちを抑え、早歩きくらいで通りを歩いていくと、あっという間に夢ビルに到着する。
はやる気持ちを抑え、RANCHUのある4階へ向かう。

セクキャバRANCHUってどんな場所?

まず、セクキャバRANCHUの料金設定だが、40分1セットで20:00~22:00が5,000円、22:00~ラストが7,000円となっており、延長は20分で4,500円、40分が8,000円となっている。
オープンから早めの時間はセクキャバの中でも最安値クラスの価格なので、気になる人は早めの時間に行ってみるのも良いかもしれない。
さて、4階に到着し店内の様子を見ると、Yシャツを着た子が目に入る。

ここはコスチュームがYシャツなのか?
何となくボーイに聞いてみると、どうやらイベントを行っているため、今の期間はYシャツを着ているのだとのこと。
今日は指名料も無料となっていますよと勧められたが、何せ初見である。
「良い子つけてね。」とだけお願いして案内された席へと座って待つ。

1人目:期待の新人さん?おっとり系Uちゃん

さてどんな子が来るのだろうかと期待に胸を高鳴らせながらビールを飲んでいると一人目のUが登場。

垂目でいかにもおっとりした雰囲気の子で、セクキャバよりはガールズバーやコンカフェなどでバイトしている学生さんといったタイプの子である。
これは事前に得ていた素人の子が多めと言う情報は本当の様であるな。
場慣れしていない雰囲気を感じたため、まずは天気の話や休日に何をしているかといった無難な世間話から始めてみる。
が、あまり盛り上がらないというか、緊張している様子である。

「もしかして、新人さん?」と聞いてみると、「そうなんです。実は今日入ったばかりで。」とのこと。

まさか期待していた素人娘のおっぱいに本当にありつけるとは…船堀まで来た甲斐があるというものである。
しかし、これは無理やりお触りすると雰囲気が悪くなりそうであり、雰囲気を壊さずおっぱいにありつくためには筆者のこれまでのセクキャバでの経験が問われるところである。
そこで、「お酒好きな人?よかったら一緒に飲まない?」とドリンクで距離を近づける作戦に出てみる。
すると、「良いんですか?ありがとうございます。初めてのドリンクです。」といって喜ぶUちゃん。
これは作戦成功であるな。
乾杯し、しばらくトークをしていると、アルコールのせいか徐々に明るくなるUちゃん。
大分心の距離が縮まったようである。

そろそろ良いだろうということで、「ねえ、触ってもいい?」と聞くと「あ、はい!」とちょっと硬くなりつつもオッケーしてくれる。
やはり緊張しているようなので、脱がせるのではなくYシャツの間から手を入れさせてもらうことに。
体が硬くなっているのが、直接触るとよく分かる。

優しめに触っていると、「んっ…」と声を我慢しているUちゃん。
「声を出してもいいんだよ。」と言うと、「恥ずかしいです。」と顔を下に向ける。

初々しい反応である。
こういう反応を楽しむことができるのも、新人さんならではであろう。
その後もじっくりとUちゃんのおっぱいを楽しませてもらっていると、やがて交代のお時間に。
初日で緊張もしただろうが、時間いっぱいおっぱいを触らせてくれたUちゃんに「ありがとう」と感謝を告げ、交代してもらう。

2人目:ギャル系Yちゃん

Uちゃんを見送る際に頼んでおいたお代わりのビールを飲んでいると「こんばんは~」と明るい声。
顔を上げると、Yシャツの胸元から立派な谷間の覗くギャルが。
先ほどのUちゃんと異なり今度の子は完全に慣れた子のようである。

筆者としてはUちゃんにエロエロモードで迫れなかった分、ここでしっかり発散しておきたいところである。
そこで、Yちゃんが隣に座ると早速、「おっぱい触ってもいい?」と尋ねる。
「いきなりですね。大丈夫ですよ~」と笑いながら手を広げてくれる。
先ほどのUちゃんのような初々しい感じも良いが、こういった場慣れした子は安心感があるな。
こちらも全く遠慮することなく触れるものである。
早速おっぱいへ手を伸ばす筆者。

「おっぱい好きなんですか。」と笑いながらも、こちらへ触りやすいように近づいてくれるYちゃん。
Yシャツの中いっぱいに広がる立派なお胸をまずはさわさわと。
これはEカップくらいであろうか。

早くも我慢できなくなってきたため、「脱がせてもいい?」と聞くと、「仕方ないですね~」とYシャツのボタンを外してくれるYちゃん。
Yシャツを脱いでいく姿と言うのは何ともそそるものである。
ボタンを外し終わったYちゃんのお胸といよいよご対面。

やはり直接見られるおっぱいは最高である。
早速顔を埋めてみる。
香水か何か使っているんだろうか、甘い香りがする。
甘い香りと目の前にある巨乳の前に理性はあっという間に消し飛ぶ。

手はおっぱいを揉みつつ、「キスしてもいい?」と顔を近づける。
そっと目を閉じてくれるYちゃん。
唇を合わせてすぐに舌を入れると、積極的に舌を絡めてくれるYちゃん。

そのまま終了の時間が来るまで、Yちゃんの舌とおっぱいを心行くまで楽しむことができた。
やはり巨乳は良いものであるな。
本日は十分に満喫できたため、これにて帰宅することに。

セクキャバRANCHUの総合評価は?

セクキャバRANCHU、良い評判を聞いていたため、今回は船堀まで足を延ばしたが、エリア唯一のお店という事で、筆者としては正直来店前は評判を疑ってかかっていた。
しかし、実際に行ってみての感想は評判通りであったというところである。
ホームページなどを改めて確認してみると、イベントを積極的に行っているというのも事実の様で、イベントの際には指名料無料などの割引サービスも行っている様である。
エリア唯一のお店と言う地位に甘んじることなく精進を続けるお店なのであろう。

セクキャバRANCHU、今後も進化を続けるであろうお店である。
今後も定期的に訪れてみたい、そういう一軒であった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました