ラヴィッシュの女の子のクオリティに大満足!

北千住・金町

女の子のぷるんとした唇に触れたい、ふっくらしたおっぱいをもみもみしたいと、女の子とのイチャイチャがすごく恋しくなることってありますよね。
特に触り心地抜群のおっぱいに触れている時間は最高の時間です。
毎日普通の日常が流れていると、たまには何か刺激がないとやってられない気持ちになるのです。
そんなわけで、久しぶりに女の子が恋しくなり、セクキャバを探します。

気になっていたのはラヴィッシュというお店でした。
このお店は昔の名前がオベロンでしたが、ラヴィッシュという店名に変わり、かなり中身もリニューアルされたとのことで、すごく気になります。
「ラヴィッシュ」には、気前の良い、惜しみないという意味もあるので、かなりサービスを期待していいのかなと、胸が膨らみます。
店はリニューアルされたとのことですが、キャストさんはオベロンからほとんど引き継いでいて、何人か新人さんがいるという噂がありました。

昔オベロンには行ったことがありますが、自分のオキニちゃんも、ラヴィッシュに来ているようでした。
しかし、在籍日数は少なめという噂です。
久々に会いたいなという期待もあります。
そして、リニューアル価格ということでかなりお得に遊べそうだったので、ワクワクしながらお店に向かうことにしました。

ラヴィッシュに行ったときの料金

ラヴィッシュのホームページを見ていると、今は特別価格で税、TAX込で3,600円との情報があったので、わくわくしながら行ってみることにしました。
お店に到着すると、スタッフの方から声をかけられました。
今は大サービスの安さだと思い、遊ぶ気満々だったので、こちらもフレンドリーに話します。

行ったのはちょうど21時すぎでした。
スタッフから、「今なら5,000円で遊べますよ!」と言われたので、「えっ、ホームページで3,600円ってなってたけど違うの?」と聞いてみます。
「実は今すごく混んでて、3,600円じゃさすがにできなくて5,000円になっています。」
と言われたのでちょっとがっかりです。
5,000円でも十分安めではありますが、元々期待していたこともあり、「えー。」と反論したくなるような気持ちです。

ラヴィッシュに入るまでの流れ

仕方がないので、1セット5,000円で了承して、店に入ることにします。
お店のルールについても説明がありました。
ラヴィッシュは20分交代制で、女の子は2回転するそうです。

よくある普通のパタンですね。
まずはドリンクを頼む流れになっていたので、ハイボールを頼むことにしました。
このお店は飲み放題はない感じです。
お店の中には大きいソファと小さいテーブルがありました。

それ以外に、VIP席も準備されています。
中央席の後ろに案内されたのですが、真正面に大きな壁掛けテレビがあり、PVが写っていました。
ミュージシャンのPVのようです。
ハイボールを飲みながら席で待っていると、10分程して女の子がやって来ました。

清楚系の女の子

1人目の女の子は黒髪ロングの清楚系の女の子でした。
体型は普通でしたが、見た感じむっつりした太ももやふっくらしたおっぱいが触り心地良さそうな感じです。
髪もすっきりしていて、清潔感もありました。

「失礼します。」と上品な感じにやってきました。
真っ白なドレスがかなりよく似合っています。
いきなり「初めまして。名前教えてください。」と言ってきたので、名乗りました。
その女の子は、新人さんらしく、昨日からこのお店で働いていて、今日が初めての正式な出勤日とのことらしいのです。
しかし、かなり接客に慣れてそうなので聞いてみると、前他のキャバクラで働いていたとのことでした。

経験があるのがなるほどと思えるくらい、やり取りも慣れていますし、見た目も話し方も、今まで出会った女の子の中でかなりクオリティの高い方でした。
良い女の子に当たったと、テンションが上がります。
昼間は別の仕事をしているとのことですが、夜一人でいるのは寂しいので、夜のお仕事もしているとのことでした。
寂しいっていう理由でこんなに身体を張る仕事をするのもすごいなって思います。

「こういう仕事をするのって抵抗ぜんぜんないの?」と聞いてみると
「やってみると意外と平気でした。」という答えが返ってきました。

特別何かを持っているというわけではないのですが、なぜか彼女には好感が持てます。
このお店には慣れていないということだったので、とりあえずゆっくりイチャイチャすることにします。
まずは肩、背中に手をまわし、ゆっくり触ってみました。
その後頭をなでなでします。

すると、女の子は自分の方に密着してくれたのでちょっとドキッとしました。
そして女の子も自分の肩に手をまわしてくれたのです。
そして様子をみながら「キスしてもいい?」と言ってみました。

すると、やわらかいぷるんとした唇の先が当たってきたので、たまりません。
チョンチョンと先っちょだけキスしてくれます。
こんな感じのキスだけで、もう満足というくらいの心地良さでした。
女の子の唇ってすごく柔らかいなっていう感覚です。

「お客さん、優しいですね。」とぼそっと女の子が言いました。
こういうお店に来る人は自分の思い通りにならないとわがままになって困ることがあるようです。
何度も指名してもらって仲良くなると、ラインをお客さんと交換することもあるらしいのですが、なかなか既読をつけないと、機嫌が悪くなる人もいるようです。

いろいろなことを話してくれるので、心を許してくれているんだなと思い、何だかうれしくなります。
ひどくてもなかなか本人には言えないだろうから、スタッフの人にも相談して何とかしてもらった方が良いよとアドバイスすると、すごくニコニコしてうれしそうでした。
「すごく優しいですね。」と言われたので、照れてしまいました。

トーク中の女の子の笑顔はすごくかわいくて、キュンキュンが止まりません。
やはりキャバクラの経験があるだけあって、トークが上手だなと改めて感じました。
そうこうしているうちに、ついにダウンタイムに突入です。
女の子を上に乗せ、まずはむっつりした太ももを堪能します。

抱着心地が良すぎて、夢のような気分でした。
さっき少しキスしていたので、「ちょっと舌出してみて。パクリしていい?」と聞くと、女の子が素直にベェとしてくれたのです。

すかさず、パクッとしてチューチューしました。
「すごく舌フェチだからうれしすぎる。」と素直に感想を伝えると、女の子はすごく恥ずかしそうに照れていました。
そして、次は待ちに待ったおっぱいです。

白いきれいなドレスを下に下げてみると、ふっくらした形の良いおっぱいが顔をのぞかせます。
Eカップくらいの大きさで弾力もあって、触り心地は言葉では言い表せないくらい最高でした。
「おっぱい舐めても良い?」とたじたじで聞いてみると、恥ずかしそうに頷いてくれました。

この女の子は何でもオッケーしてくれるので、無理しているのではないかと不安になるくらいです。
お言葉に甘えて、ゆっくりおっぱいを舐めてみます。
すると、女の子がかわいい声をあげたので、もうたまりません。
自分の感情が抑えきれなくなるような、そんな気分でした。

手加減できなくなり、乳首をチューチュー吸ったり、ぐりぐりしたりします。
すると、女の子も期待通りに悶えるのです。
こんな幸せな時間は初めてです。
こんな感じで女の子とイチャイチャしていると、ダウンタイムが終了となりました。

ダウンタイムは5分程度でしたが、こんなに密度の濃いダウンタイムになるとは思っていなかったので、大満足です。
「今日はありがとう。」と頭をなでなでしながらお礼を言いました。
別れ際に女の子の背中を見ると、すごく寂しい気持ちになりました。

すごく好みの女の子でした。
体型、見た目も特別優れているわけではなく、普通な感じなのですが、すごく好みの女の子でした。
こういう場所にいるのが不思議な感じの清楚系の女の子でしたが、キャバクラの経験があるだけあって、慣れているなという印象です。
こんなにお客さんを居心地良いと思わせる女の子ってすごいと思うのです。

1人目の女の子があまりにも好みだったので、かなり濃い内容になってしまいました。

茶髪ロングのギャル系女の子

1人目の女の子がいなくなって、5分程たつと、次の女の子がやって来ました。
次の女の子は茶髪ロングでギャル系で、肌はこんがり焼けている感じです。

見た感じすごく華奢なので、大丈夫かなと不安になるほどでした。
「こんばんはー」と明るくやって来てはくれましたが、なかなかトークは弾まない感じでした。
さっきの女の子とのトークが自然に弾みすぎて、2番目の女の子とはちょっと壁を感じる気がするのです。
女の子と話していると、スタッフの人に席を移動するように言われ、近くのグループがいるところへ移動することになりました。

すると、通路を挟んだ席にさっきの女の子がいるのです。
何だかそっちがすごく気になってきました。
移動するとすぐに女の子から「カンパイしませんか?」というおねだりがきました。

まだ何もサービスを受けていなかったので、丁重に断ることにします。
何だかこの女の子とは重めの雰囲気になってしまい、あまり楽しめないのです。
ダウンタイムもどんな感じになるのかちょっと不安になってきます。
ダウンタイム前にちょっとイチャイチャしておこうと思いましたが、それも雰囲気が無理な気がしたので、あきらめて普通のトークタイムを過ごします。

いろいろ考えていると、ダウンタイムに突入しました。
女の子が上にまたがってくれたので、女の子の身体を全身で包みます。
「キスってできる?」ときくと、チュッとしてくれましたが、すぐに離れる感じでした。

それでキスは終了です。
ディープキスは絶対に無理そうな感じでした。
次にドレスをゆっくり下げてみます。
おっぱいはあまり大きい感じではなかったのですがが、ちょうど手の平サイズで自分的にはまあまあ好みでした。

チューチューしても良いとのことだったので、ゆっくりペロペロしてみます。
特別反応はなかったので、女の子を見てみると視線を逸らしていました。
必死に我慢していたのかなと思うと、それはそれで萌えます。
この女の子はちょっともったいないなという感じです。

何となく接客に慣れていない気がするのです。
見た目もかわいいので、上手にプレイできればすごく人気になりそうなイメージです。
リピすると、もっとサプライズサービスが待っているかなとも思いますが、さすがに指名までする気にはなりませんでした。
実はこの女の子はいろいろあって一回やめてしまい、また復帰して、出勤日も少なめとのことでした。

いろいろトラウマがあって、慎重になっているんだろうなと思うと、何だかかわいそうな気もしてきます。
もう少しモチベーションが上がってくれるとうれしいなと思いながら女の子と
別れることになりました。
ボーイに延長をすすめられましたが、それはお断りして切り上げることにしました。

こんな感じで終了です。

ラヴィッシュの女の子のクオリティに大満足!

ラヴィッシュは、前行ったことのある旧店舗のオベロンからのリニューアルとのことで、興味があり行ってみましたが、それほど変わってはなかったです。
ソファ自体もあまり変わってなく、お店のイメージも前とあまり変わりませんでした。
リニューアルするのであれば、もっと大胆に変えて欲しかったなという思いもあります。

ラヴィッシュで当たった女の子は見た目もサービス内容もかなり好みでした。
特に1人目の女の子はかなりの好みで、すぐにオキニちゃんになりました。
こんなにも初対面で大サービスしてくれるなんて本当にすごいと思うのです。
次来たときもこの子を指名したいと思いました。
かなり1人目の女の子押しの投稿になってしまいましたが、2人目の女の子もかわいかったのは確かです。
彼女はトラウマもあり、ちょっと控えめになっているので、心を開いてくれさえすればサプライズサービスをしてくれそうな雰囲気はありました。
このお店にちょっと改善して欲しいなと思うことと言えば、飲み放題がないことと、女の子へのドリンクにもTAXが20%も含まれることです。
お店自体のサービスをもっと良くしてくれると、もっと気軽に利用できるのになと思うとちょっと残念な気もします。
しかし、ラヴィッシュの女の子のクオリティは非常に高いので、プレイ内容はかなり満足できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました